カロリミット 食前

カロリミットの効果

カロリミットはダイエット用のサプリメントです。といっても痩せ薬のような怪しいものではありません。食べたものに含まれている脂質や糖質の吸収を抑える働きがあるのです。まさに「食べたことをチャラにするサプリメント」なのです。

 

大人になると「食べないダイエット」は非常に難しくなりますね

 

自分は食べまいという意志があっても営業職の人や時間が不規則な仕事をしている人はどうしても外食をせざるを得なかったり深夜に少しだけ食べておかないと…などということもあるでしょう。

 

飲み会

季節によっては飲み会が続き、それを断るわけにはいかないということもあるでしょう。ダイエット中であれば、食べることそのものに罪悪感すら感じてしまうこともあるでしょう。そんな皆さんを助けてくれるのがカロリミットというわけです。食べながらダイエットは今や新常識です!

 

カロリミットは食後に飲むと効果はどうなの?

食前に飲み忘れたことに気がついて食後に飲んでも大丈夫です。薬ではないのでそう神経質になる必要はありません。しかし毎日その調子ですとせっかくの効果をしっかりと感じなくなるかもしれません。どうせ飲むなら効果は最大限に感じたいものですよね。そしてそれがコストパフォーマンス的にも満足できることと思います。

 

でもどうして食後だとあまり効果がないの?次では気になる飲むタイミングによって何故効果がかわるのか?というところにポイントを当てて書いていきたいと思います

 

カロリミット、食前と食後ではどう違うの?

カロリミットを食前と食後で飲むのと効果が違うということなのですが、どうしてそのようなことが起こるのでしょうか?またその差は一体どの程度なのでしょうか。

 

まず食前に飲んだほうが良い理由としては

 

カロリミット 食前

サプリメントは飲んだ後胃腸を通過して溶けて成分が吸収されていきます。先に食事を摂ってしまうとサプリメントが消化吸収される前に食物の吸収が終わってしまうからです。消化吸収が終わってしまった食べ物を、食べなかったことにするというサプリメントは残念ながら存在しません。

 

カロリミットは商品の特性上コーティングされていますから溶け出すのにある程度の時間を必要とします。先に食べていると当然そちらが先に消化吸収されていきますからね。ときどき「飲み忘れてしまった!消化吸収を高めるために砕いて飲むのが良いかもしれない!」と考える人がいますがこれもいけません。何故なら粉にしてしまうと胃にとどく前に成分が全部分解されてしまうのです。

 

これはあまり知られていないことなのですが、重要ですので覚えておきましょう。必ずカロリミットはコーティングされた状態で飲んで胃に届くことが大事なのです

 

食前に飲めない環境の人は飲んでも意味が無い?

時と場合によっては食前に飲めないという日もあるでしょう。食前に飲めないのなら「効果が無い」ということになるのか?というとそれも間違いです。特に大人のカロリミットの場合は毎日飲んでいれば体質そのものが変化してくるので

一回や二回食前に飲めなかったからといってそこまで気にする必要はない

ただそのようになるためには逆に毎日食前に固定して飲んでいることが前提

 

成分にも秘密がある

カロリミットに含まれている成分はすべて消化吸収を制御するものなので、消化する順序を考えるとカロリミットは先に飲んだほうが良いということになります。実はカロリミットの成分の中の一つに大きな秘密があるのです。

 

ブラックジンジャー

それはブラックジンジャーを含んでいるということです。ジンジャーは皆さんご存知かと思いますが、血行を良くして体温を高めて脂肪や糖の代謝を促進してくれるのでダイエットするのに適しているのです。

毎日飲んでいることで体質を改善していき、身体の巡りをよくしてくれます。体温をあげる働きがあるので冷え性改善するのはもちろんデトックス効果もあります

 

 

カロリミット 効果な飲み方 TOP


inserted by FC2 system